EMSで表情筋を鍛えて、今スグほうれい線を撃退!

株式会社モン・スターズ

0120-195-580

〒162-0065 東京都新宿区住吉町1-15 四谷TTビル8階

営業時間/10:00~18:00

EMSで表情筋を鍛えて、今スグほうれい線を撃退!

お役立ち情報

2020/06/25 EMSで表情筋を鍛えて、今スグほうれい線を撃退!

ほうれい線のおもな原因とは?

ほうれい線は実はシワではなく、口と頬の境界線です。ほうれい線は、誰にでも出る可能性のあるものですが、ほうれい線が出やすい人には原因があります。

 

1.骨格

実は骨格によって、ほうれい線の出やすさが変わってきます。
「頬骨が高い」「上顎の骨が出ている」場合は、ほうれい線が出やすい傾向にあります。これらは日本人に多い骨格で、当てはまる人ほど、年齢に関係なくほうれい線が出やすくなります。

 

2.表情筋の萎縮

表情筋は笑ったり泣いたりと、表情を変える時に使われる筋肉です。日常生活で使われている表情筋は30%と言われており、残り70%の表情筋は使われていなく、徐々に衰えています。
そして、あまり表情を変えない生活を続けていると表情筋は萎縮し、頰を支えている筋肉も衰えます。
年齢が上がるにつれて、これらの影響を受けて皮膚がたるみやすくなり、皮膚がほうれい線に覆いかぶさってしまうのです。

 

3.皮下脂肪の肥大化

頰はもともと皮下脂肪の多い部分です。
太るなどしてさらに皮下脂肪が増えると、脂肪細胞が肥大化します。すると悪い因子が作られ、真皮にダメージを与えることに。
その結果、肌に弾力がなくなって頰をささえきれなくなり、ほうれい線が目立つようになります。

 


ほうれい線の原因として、紫外線や喫煙などもありますが、やはり表情筋の衰えが大きいです。
口の中と外(唇、頬、アゴなど)を使わないことで、口まわりの筋肉が衰えて、リフトアップできなくなり、頬が落ち、たるみ(ほうれい線)が出てしまうのです。
ほうれい線は咬筋の口側のところにできています。咬筋をはじめ、ここに関係するそれぞれの筋肉が衰えているのです。

 

EMSで簡単にほうれい線を解決!

ほうれい線を解消するためのエクササイズなどもありますが、今回ご紹介するのは、EMSを使った表情筋トレーニングです。

 

EMSで表情筋トレーニングのメリット

 

1.表情筋の位置など覚えなくて良い!

顔に電気を流すため自然に筋肉が動きます。
またお手入れ方法を参考に行っていただくと、ほぼすべての表情筋を鍛えることができるので、表情筋の名称や、鍛えたい表情筋のエクササイズを何個も覚える必要がありません。

 

2.楽なのに即効性がある

自分でエクササイズするよりもEMSを使用したほうが、筋肉を動かす回数が圧倒的に多いです。1回行っただけでも効果が目に見えて分かります。
EMSなので、左右対称に表情筋が鍛えられますし、ほうれい線だけではなく、目がすっきりしたり、リフトアップなど他の効果も実感できます。

 

一石二鳥!肌のハリがアップ

筋肉の約8割は水分でできています。表情筋が衰えていると、水分を保持できなくなってきます。
年齢を重ねると乾燥していき、たるみやほうれい線などの原因になります。
EMSでしっかりと表情筋を鍛えることで、自然と水分を保持できる量も増えていきます。せっかく、高い化粧水を使っていても、水分を保持する機能が衰えていたら効果はありません。
EMSで筋肉を動かし、その後しっかりと水分を入れてあげることで、ハリがアップし、ほうれい線にも効果的です。

 

 

 

 

TOP