EMSで楽に運動不足を解消!【コロナの影響で運動不足気味な方へ】

株式会社モン・スターズ

0120-195-580

〒162-0065 東京都新宿区住吉町1-15 四谷TTビル8階

営業時間/10:00~18:00

EMSで楽に運動不足を解消!【コロナの影響で運動不足気味な方へ】

広域変調波EMS「コアレミニ」

2020/05/08 EMSで楽に運動不足を解消!【コロナの影響で運動不足気味な方へ】

新型コロナウイルスに伴う外出自粛、いわゆる「巣ごもり」によって、運動不足を感じている方は多いのではないでしょうか。

 

適度なランニングやジョギングは良しとされています。ですが、ランニングやジョギングを行う習慣がない方がいきなりランニングやジョギングを始めるとなると、ハードルが高いですよね。
できれば自宅で楽に運動不足を解消できれば…と考える方が多いのではないでしょうか。

 

今回は、楽に運動不足が解消できる策として、EMSを使った筋トレについてご紹介します。

 

 

テレワークで歩数が減少

実際に、人々の身体活動量が減少していることを示したデータも発表されています。

 

筑波大学大学院が健康機器メーカーのタニタが東京都内にオフィスがある大手企業の社員およそ100人(平均年齢48歳)を対象に行った調査を分析したところ、新型コロナウイルスの影響が現われる前は、1日の歩数は平均約1万1,500歩だったものが、テレワークに切り替えた社員は、その歩数が29%減り、座っている時間も長くなっていたことがわかりました。
中には1日の歩数が70%減少し、1日2,700歩程度と、厚生労働省が推奨している1日8,000歩を大幅に下回るケースもあったとしています。

出典:筑波大学大学院人間総合科学研究科 久野研究室

 

外出の自粛が要請され、多くの企業が可能な限りのテレワーク体制をとっています。普段通り(以前の)に身体活動を継続するには、各自の工夫が求められます。

 

EMSで楽に運動不足を解消

EMSは、筋肉を鍛えるマシンのイメージを持っている方がほとんどではないでしょうか。EMSと言うと、あの有名なサッカー選手のCMをイメージする方もいるでしょう。

 

EMSで筋トレ」=「お腹がバキバキ(ムキムキ)になる」と言ったイメージを持っている方も少なくはありません。

実際に、EMSで主に鍛えることができるのは、インナーマッスルと呼ばれる筋肉です。

インナーマッスルは、鍛えてもムキムキにはなりません。むしろ、たるんでしまった筋肉が引き締まります。

 

EMSは、お腹の筋肉はもちろん、全身に使用することが可能です。

テレワーク等で歩数が減少してしまうと、下半身の筋力低下にもつながります。そこで、EMSを脚に使用することで、下半身の筋力低下を防ぎます。

 

高周波と低周波を混ぜた「コアレミニ」で運動不足を解消

コアレミニは、高周波と低周波を組み合わせた波形を搭載しています。

この電気刺激で、筋肉を強制的に収縮させることで、体幹の筋力アップをはじめ、腰痛や肩こり、膝痛のケアができます。また、尿漏れ対策や、お顔のリフトアップなど、健康・美容の幅広いニーズに対応しています。

自宅で楽に運動不足を解消できるコアレミニをぜひ活用しましょう。

 

下半身の筋肉に刺激を入れることが大切

私たちの下肢には、全身の筋肉の70%が集まっていると言われています。
長時間のデスクワークで座りっぱなしだと、筋肉に刺激が入らない状態が続くのです。下半身の筋肉をほとんど使わない状態が長時間続いてしまいます。

 

体の中で一番大きな筋肉は、太ももの筋肉です。太ももの筋肉にスイッチ(刺激)が入ると、糖の代謝が活発になり、脂肪を分解する酵素の働きも活性化します。肥満になりにくくなる、血糖値が上がりにくくなることにつながります。

 

ふくらはぎは、心臓に血液を一生懸命返そうとする働きを持っています。座りっぱなしが続くと、ふくらはぎの筋肉は動かなく、血圧が高くなる状態が続く恐れがあります。これは、高血圧のリスクにもなるでしょう。

 

コアレミニで、お尻【大殿筋、中殿筋】、太もも【大腿四頭筋、ハムストリングス】、ふくらはぎ【腓腹筋】などの筋肉を鍛えることで、楽に運動不足を解消させることができます。

 

コアレミニなら、テレビを見ながら・雑誌を読みながらでも使用可能です。

 

基本の体幹トレーニングも大切

体幹トレーニングを行うと、以下の効果を得ることができます。
①筋肉の減少防止
②脂肪の定着防止
③バランス感覚の低下を防ぐ

 

コアレミニは、家事や仕事をしながらでも使用可能です。
お腹【腹横筋、腹直筋】、骨盤底筋などの体幹の筋肉を鍛えることをオススメします。

 

まとめ

身体活動量が減ってしまうと、多くの疾患リスクの増加につながってしまいます。
コロナウイルスによる重症化のリスクとしても、肥満や一部の生活習慣病が指摘されているとも言われているようです。

 

「家で運動したいが方法がわからない」「場所が取れない」という方には、EMSでの運動(筋トレ)をオススメします!
場所を取りませんし、パッドを貼って電気を入れるだけですので、どんな方でも使用できます。

 

コアレミニの資料請求はお問い合わせフォームより承っております。
お気軽にお問い合わせください!

 

 

TOP