尿漏れの原因は骨盤底筋の緩みが原因?!

株式会社モン・スターズ

0120-195-580

〒162-0065 東京都新宿区住吉町1-15 四谷TTビル8階

営業時間/10:00~18:00

尿漏れの原因は骨盤底筋の緩みが原因?!

お役立ち情報

2019/10/11 尿漏れの原因は骨盤底筋の緩みが原因?!

尿漏れは、産後の女性やシニア層など多くの人が悩んでいます。
実際に産後の女性の約半数は尿漏れに悩んでいるというデータもあります。
骨盤底筋という筋肉の緩みが原因で尿漏れになってしまうケースが多いようです。

 

今回は、骨盤底筋の緩みによって生じる尿漏れについてご紹介します。

 

 

尿漏れの種類

腹圧性尿失禁

腹圧性尿失禁は、何かのきっかけでおなかに力が入ったときに起こる尿漏れです。尿道を支える骨盤底筋が緩むことで尿が漏れやすくなり、「咳やくしゃみをする」「笑う」「重い荷物を持ち上げる」などのふとした瞬間に尿意がないのにおしっこが漏れてしまう症状をいいます。

 

切迫性尿失禁

トイレに行きたいと思っても、間に合わずに尿が漏れてしまう症状をいいます。過活動膀胱といって、膀胱が過敏になっている状態が原因となっています。

 

 

尿漏れはなぜ男性より女性のほうが多い?

男性より女性のほうが尿道が短いから

女性の尿道は男性に比べ、太くて短くなっています。男性の尿道は出口までS字を描くように伸びているのに対して、女性の尿道は出口まで直線的に伸びているということも、女性のほうが尿漏れが起きやすい原因と言われています。

 

 

骨盤底筋とは

骨盤底筋とは、骨盤の底(下部)にある筋肉の総称です。膀胱、子宮、直腸など骨盤内の臓器の位置が下がらないように支えているハンモック状の筋肉が骨盤底筋で、尿道や膣をしめ付ける働きをしています。体の安定性や腹圧の調整に関わっている大事な筋肉です。

 

骨盤底筋が緩む理由

妊娠や出産が理由

重くなった子宮を支えたり、赤ちゃんが膣を通るため、骨盤底筋には多くの負担がかかります。その結果、骨盤底筋が緩み、出産後に尿漏れが起こる場合もあります。また、妊娠・出産による骨盤底筋のダメージは将来、尿漏れを起こす要因にもなります。特に2回以上経験がある女性は、尿漏れの発症率が高くなります。

 

閉経や加齢が理由

閉経に伴う女性ホルモンの減少や、加齢により骨盤底筋の機能が衰えてしまいます。その結果、尿漏れが起こってしまいます。

 

肥満が理由

体重が増えると骨盤内に荷重がかかってしまい、骨盤底筋に負担がかかります。その結果、骨盤底筋が緩んでしまい尿漏れが起こってしまいます。肥満と腹圧性尿失禁の関係についての研究結果があり、減量すると尿漏れが改善することが報告されています。

 

 

まとめ

骨盤底筋の筋肉が緩んでしまうと、膀胱をしめる力が弱くなってしまい、自分の意志とは関係なく尿が漏れてしまいます。
腹圧性尿失禁の場合の尿漏れは骨盤底筋が緩んでいるサインでもあります。
この骨盤底筋を鍛えることによって、尿漏れの症状は、ほとんどの人が回復するともいわれています。そのため骨盤底筋を鍛えることが推奨されているのですね。

 

 

 

 

TOP