骨盤底筋群は手足の筋肉より衰えるのが早い?

株式会社モン・スターズ

03-6273-2261

〒162-0065 東京都新宿区住吉町1-13 プリンスハイツ曙橋801

営業時間/10:00~18:00

骨盤底筋群は手足の筋肉より衰えるのが早い?

尿漏れ・頻尿

2019/05/31 骨盤底筋群は手足の筋肉より衰えるのが早い?

骨盤を覆っている筋肉”骨盤底筋群”の

ケアをしている人は少ないようです。

 

「出産予定もないし、まだ30代だから大丈夫」

なんて思っていませんか?

実は、出産経験のある人だけでなく腹筋を鍛えている人も

年齢問わず尿漏れや頻尿といったトラブルが生じやすいのだとか。

 

なぜ骨盤底筋群のケアが重要なのでしょうか。

 

骨盤底筋群は、その名のとおり骨盤の底にある筋肉のことです。

恥骨、坐骨、尾骨についている筋肉で、膀胱や子宮、直腸を支えています。

もうひとつの役割は、排泄のコントロール。

骨盤底筋群は便意や尿意があると緩み、排泄します。

ところが、過剰な負荷がかかり締める力が低下すると、尿漏れや頻尿などのトラブルが生じます。

最も多いのは、出産によって臓器を支えている骨盤底筋群や靭帯、筋膜が伸びたり、断裂するパターンと加齢による筋肉の衰えです。

骨盤底筋群は手足同様、鍛えれば筋力はアップし、何もしなければ衰える骨格筋ですが、

鍛えるどころか普段まったく意識しない人がほとんどですよね。

だから、手足の筋肉より衰えるのが早いのです。

 

加齢による筋肉の衰えのピークは、

エストロゲンの分泌が減る閉経後と聞くと、

「今すぐケアしなくても大丈夫じゃない?」

と思う方もいるかもしれませんが、

骨盤底筋群を意識せずに腹筋を鍛えている人、

便秘がちでトイレでいきむ人、

アレルギーやぜんそく持ちで連続的に咳やくしゃみをする人は

年齢に関係なく骨盤底筋群に負担がかかっている可能性があります。

 

体重が5〜10kg増えることも骨盤底筋群が圧迫されて尿漏れする一因なんだとか…

出産した人や年配の人だけに起こる症状ではなく、

自分にも起こりうることだと認識しなければなりませんね。

 

骨盤底筋群を鍛える専用モードが搭載したEMSコアレミニがあれば、

大変な思いをしなくても骨盤底筋群をトレーニングすることができます。

 

 

コアレミ二【公式】
頻尿・尿もれからフェイシャルまで

TOP